HOME > 組合事業 > 外国人技能実習生受入事業 > サポート体制

▶ 検索

サポート体制

管理体制・取り組み

送り出し機関の徹底した選抜

優秀な人材を選抜するための最重要ポイントである、送り出し機関選抜に際しては厳しい審査・選抜を行っております。提携先送り出し機関も1つだけに絞らず複数社と契約し常にクオリティー審査に取り組んでおります。

バランスを考えた日本人スタッフとネイティブスタッフ

同国人による管理は、技能実習生たちへ安心感等を与える事ができます。しかし場合によっては日本語の上達の弊害になるなどの問題点もあります。その為、当組合では日本人スタッフとネイティブスタッフの組合わせで管理をする事により、常に組合員様と技能実習生の中間に立ったバランスの良い制度運営に取り組んでおります。

日本語教育専門機関による学習支援

日本語教育は制度運営・技能実習生の技術の習得上で非常に重要です。その為、当組合では専門の日本語教育機関と提携を行っております。入国後の集合研修はもちろんのこと、企業に配属後の日本語習得に関わるアドバイスや指導も受けることが可能です。

更に、技能実習生の日本語学習意欲を維持を目的に弁論大会の開催や教育機関主催の作文コンクールへの参加なども行っております。

管理体制・取り組み

専門職員による毎月の定期訪問

専門職員が毎月定期訪問することで、受入企業様のご不安やご不満のご相談、アドバイスいたします。

緊急時には各地にある支部・支所より職員が急行

実習期間中に発生する様々な緊急時には、各地にある支部・支所より職員が急行いたします。

教育センターにて臨時教育等を実施

必要に応じて教育センターにて臨時教育を実施します。

送り出し機関職員の定期訪問

駐在事務職員による定期訪問

実習生の悩みや相談を母国語でのコミュニケーションにより確認し改善、解決いたします。

母国の家族などと連絡、連携

母国との緊急連絡が必要となった場合もスムーズな対応が可能です。

組合との連携による迅速なトラブル対応

トラブル時にも組合スタッフと送り出し機関スタッフとの連携で迅速に対処致します。

▲トップへ