HOME > 組合事業 > 外国人技能実習生受入事業 > 技能実習生受入の流れ

▶ 検索

技能実習生受入の流れ

外国人技能実習生に関するご相談は093-923-8270

企業様と受入についての協議

企業様と受入についての協議

1. 制度の説明とご要望のお伺い

当組合職員が訪問し、まずは外国人技能実習制度をご説明いたします。ご相談やご要望をお伺いし、ご検討いただいた上でお申し込みいただきます。

next

企業様と受入についての協議

技能実習生候補の募集と選考

2. 条件や地域を決定し、実習生を募集

募集条件や募集地域を決定し、現地送出し機関にて募集をかけます。

その後、書類選考・実技試験・面接・家庭訪問を経て、最終面接となります。

受入れ企業様には通訳・組合職員同席のもと現地で面接。実習生を決定し、企業と実習生は雇用契約書を交わします。

next

現地での事前教育

現地での事前教育

3. 現地にて日本語や習慣などを教育

実習生決定後、日本入国までの間、現地にて日本語や日本の文化、習慣についての基礎知識を身につけます。

next

入国手続き・入国

入国手続き・入国

4. 証明書・ビザなどは当組合が申請

現地での面接終了後、当組合にて在留資格証明書とビザの申請を行います。申請が受理され、在留資格認定証明書が発行されビザを取得した後、出国手続きに入ります。

next

講習

講習

5. 約1ヶ月の講習

入国後すぐに受入れ企業でスムーズに技能実習ができるように、160時間以上(約1ヶ月)をかけて、専門教師による実践的な日本語教育、地元警察署による安全指導、専門家による労基法の教育を通じて日本文化・風習、法律・道徳などを講習。日本の生活に順応できるようサポートいたします。

next

配属・技能実習スタート

配属・時脳実習がスタート

6. 1年目がスタート

技能実習1号として各企業に配属され実習が始まります。配属時には組合職員が同行し実習生のサポートを行います。

この期間に技能実習生は技能実習指導員の指導のもと、知識と技能を身につけます。

next

技能検定試験

技能検定試験

7. 技能実習1号から技能実習2号取得へ

入国から約1年で滞在ビザの更新と技能実習2号の資格を取得するための試験に合格することが必要です。この検定に合格することで最長2年間技能実習を行い、さらにその技能を高めることとができます。

next

帰国

帰国

8. 実習を終え、帰国

技能実習期間満了し、技能実習生は母国へ帰国となります。帰国に際して年金の還付請求等の書類を職員が作成いたします。また、帰国後の実習生の母国での活躍についてもフォローしています。

外国人技能実習生に関するご相談は093-923-8270
▲トップへ