HOME > 外国人技能実習生受入事業 > 技能実習生のメンタルヘルス対策の強化について

▶ 検索

外国人技能実習生受入事業新着情報

技能実習生のメンタルヘルス対策の強化について

こんにちは。
5月29日 JITCOのホームページに”技能実習生のメンタルヘルス対策の強化について”の内容が記載されましたのでお知らせ致します。是非、確認頂き、今後の実習生への生活指導にお役立て下さい。

以下に、JITCOの要請を転記致します。

今般、平成25年3月14日に広島県で発生しました事件に関して、法務省及び厚生労働省からJITCOに対して、監理団体、実習実施機関の皆様へ「技能実習生のメンタルヘルス対策の一層の強化」を重点的に助言・指導するように要請がありました。
JITCOとしては、この要請を受け、巡回指導やセミナー等において、その趣旨の徹底を図っているところでありますが、更に周知を図る観点から、お知らせするものです。
監理団体、実習実施機関の皆様におかれましては、下記の要請文に記載があります、実施すべき事項等を参考に、技能実習生のメンタルヘルスに一層ご配慮いただきますようお願いいたします。

技能実習生のメンタルヘルス対策の一層の強化(要請)[PDF]

以下は、PDFの主な内容を抜粋致しました。

1.監理団体(組合)が実施すべき事項
(1)技能実習生が、母国語で気軽に相談できる体制を整えること。
(2)技能実習生に、監理団体及び貴機構の母国語相談の連絡先及び連絡方法を確実に伝えること。
(3)相談内容に応じて、実習実施機関の生活相談員又は技能実習指導員と連携すること。
(4)実習実施機関を訪問した際には、技能実習生と面談するとともに、実習実施機関の生活指導状況を把握し、必要な助言を行うこと。

2.実習実施機関(受け入れ企業)が実施すべき事項
(1)生活指導員から、積極的に技能実習生に話し掛けること等により、日頃から意思疎通を図ること。
(2)技能実習指導員は、繰り返し、かつ、分かりやすく説明するなど、技能実習生を委縮させることがないよう努めること。
(3)日本語の理解が重要なポイントであるので、日本語を継続して学習させるようにすること。
(4)日本の生活習慣に慣れ、地域社会と共生できるよう配慮すること。

 

最近の記事

2019年10月11日
第11回 全国外国人技能実習生日本語弁論大会を開催しました

2019年9月13日
~実習生通信 №.80~

2019年8月5日
~実習生通信 №79~

2019年7月17日
~実習生通信 №78~

2019年6月3日
~実習生通信 №77~

▲トップへ